たくさん使う食材を買う

冷凍されている野菜

賞味期限が長い

スーパーに行くと、生の野菜が売られています。
タイミングによっては価格が高く、気軽に買えない人が多いでしょう。
価格が少々高くても野菜は栄養が豊富なので、毎日食べなければいけません。
お金のことを気にせず野菜を食べられるよう、業務用食品を買いましょう。
実は、野菜の業務用食品も販売されています。
生の野菜ではなく、冷凍されていることが大きな特徴です。

自宅に届いたら、冷凍庫で保存しましょう。
必要な分だけ解凍し、使わない分はそのまま冷凍し続けてください。
そのため生の野菜に比べて、かなり賞味期限が長くなっています。
生の野菜を買っても使いきれず、毎回腐らせてしまう人にも向いていますね。
冷凍の業務用食品なら一切無駄がなく、全て使えます。

料理の時短を可能にする

冷凍の野菜は、皮を剥いたり一口サイズに切ったりと、下処理が済んでいるところも特徴です。
生の野菜を買った場合は、自分で下処理をしなければいけません。
使用する野菜の量が多いと下処理だけで時間が経過し、料理が面倒に感じるでしょう。
冷凍の野菜は取り出して、そのまま鍋に入れて煮込んだり、フライパンに入れて炒めたりできます。
冷凍の野菜があれば忙しい人でも、すばやく料理を作れますね。

冷凍していても野菜の風味や栄養を逃しておらず、おいしく食べられるので安心してください。
人間が元気に生活を送るためには、野菜の栄養が欠かせません。
これからは、食卓にサラダを1品足しましょう。
冷凍野菜を解凍するだけで、立派なサラダになります。


▲ TOPへ戻る